最初に住まいの不満点をまとめる

リフォームをおこなうに当たり、まずは現在の住まいのどんな転が不満であるのかをチェックします。間取りや内装・外装、設備の不満・不便や耐震性が低い、断熱性が不満等の構造に関することも明確にしておくことによってスムーズにリフォームを進めることができます。

家族みんなの意見を出し合いながら、どんな場所をどんな目的でリフォームをおこなって生きたいのかを明確にしておくことが重要です。

後になって予算との関係性で断念せざる終えないときなどのことも考え、予算との関係で調整が必要なときのことを考え、優先順位を考えておくことも重要かとおもいます。
そうすることによって、次のリフォームの時には断念してしまってもその次のリフォームの時にはおこなうことができるようになった場合に計画をたてやすくなったりします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る