古民家のリフォームで断熱対策しよう!

古民家は夏は暑くて冬は寒いという開放的な作りになっているため、住むのであれば断熱リフォームを行うのがオススメですよ。

断熱材を使ってセルフでDIYリフォームを行う事もできますが、風通しが良くなっている天井裏に大量の断熱材を敷き詰める作業はなかなか大変だという事です。

断熱材を敷き詰めると、室内温度を上昇させる事ができるので、快適に過ごせるようになりますが、さらに室温を上昇させたい場合には障子などの素材を断熱対応の物と交換すると良いでしょう。

断熱材にも幾つか種類があり、グラスウールやセルロースファイバー、サーモウールやスタイロファームはそれぞれホームセンターなどで簡単に手に入れる事ができるので、住んでいる地域や家の特徴、ライフスタイルなどに合わせて選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る